--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2008'02.27.01:19

Sさんいよいよ出発!

2008/01/15 の記事の続報が一番下の方に青文字で有ります。

遍路についての交換メール

> JUKE 様 突然失礼致します。
>夢は歩きお遍路です。
>2ヶ月間の時間で回りきりたいと思っています。
>
> ホームページ検索からこのページを知りました。
>まだ全部読んでいません、これから順次読みたいとおもいます。
>
> 質問です。
>文書は当日書いたのでしょうか?
>お遍路終了後にまとめ上げたのでしょうか?
>
> 突然の質問ごめんなさい。     ●●◯◯より
>

●●◯◯様
連絡遅くなって申し訳ございません。
今(1:45)帰宅いたしました、、、
二ヶ月間というのはとてもゆったりとした時間で素晴らしいですね。
きっと素敵な経験に成るのではないかと思います。

私は体の調子も最悪の時期でしたが、気が急いて力量よりもかなり早く歩いたのでひどい足の痛みに遍路が終わっても悩まされました。
一つだけアドバイス出来るとすればスタートの徳島県は本当にゆっくりとゆっくりと歩く事をお薦めします。
そこで足をならして徐々に速度を上げればきっともう少し足への負担を減らせたと思っています。
2ヶ月という時間が確保出来るのであれば徳島は20日以上かけても良いぐらいですから、本当に景色も楽しめるでしょうし心の余裕も持てる事でしょう。
羨ましいです、、、

ご質問の答えですがサイトの文章は後日メモなどを元に思い出して書いた物です。
●●◯◯様もきっと遍路を終わってから一日一日の行程や出来事をはっきりと思い出す事が出来るでしょう。
それくらい印象に残る事が脳裏に焼き付くのです。
今でも全部とは言えませんが最初から最後までたどった道を思い出す事が出来るくらいです。
特に迷った道や辛かった日は特に覚えています。笑

遍路を終えてから私は人生をずっと早足で生きてきた事を反省して少しゆっくりと生きる事にしました。
特に金銭的に生きて行くにはそれほどの大金が必要ではないという事に思い至り大きく仕事の取り組み方を変えました。

回りの人からすると変わって無いように思われているかもしれませんが私の中では大きな変革が起きたのです。
遍路に行っていなかったら大げさかも知れませんがもうこの世には居無かったかもしれないとさえ思う事もあります。

お役にたてる事があれば出来る限りの事はしたいと思いますのでまたメールをください。
これからなら花遍路ですね!

私は4月の5日にスタートしましたがもう少し早くスタートされるのかもしれませんね。

結願されることを祈っております。

juke
080-****-****

お答え 有難うございます。
仕事の都合を考えています、一年前にお遍路を実践したい夢が芽生えました。

仕事を二ヶ月間空けるよう工夫をしていますが
いまだ思うようにならないので最悪でも来年の2月後半からの出発を
考えています。

 仕事を空ける工夫がうまくなくても必ず実践をするつもりです。
昨晩も何冊かのお遍路本と「サライ」2007,4月号のお遍路特集さらに
Jさんのホームページを見ながらパソコン上の四国地図で足取りを
追っていました。

 この時間もとっても楽しいもので夢がますます大きくなることを覚えます。

私は観光バスの乗務をしています。
数年前に私のバスに乗っていただいたお客様が話していた内容が
四国お遍路を二度周ったとのものでした。

 その時にはピントきませんでしたが、ふっとその後私でも周る事が出来る

体力があるのかを感じ始めたのがお遍路の夢につながりました。
会社がとっても小さくてある程度時間の自由が利きます
でも、その損失も多少ですが出てしまう事の対処を工夫しています。

 また、私なりの出発までの経過をご連絡させていただきます。
この度は有難うございました。          ●●◯◯

2008/02/27
S:明日出発します。
二ヶ月間かけての予定なので何とか完歩出来るとおもいます。
先ほど確定申告書作りが終わり明日提出その足での出発を予定しています。


 一番目の宿泊地は安楽寺宿坊未だ予約をとっていません。
それに徳島までの交通機関も決めていません。
出発の気持ちだけが決まっています。

 すごく楽しみ、少々不安


J:いよいよ遍路の旅にまた一人が出る。
私事のように楽しみでもあります。
前夜は興奮してなかなか眠れなかった事を良く覚えています。
Sさんゆっくりと楽しんで来て下さい。

スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © J B. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。