--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2008'01.29.02:03

南極通信。

近所の別荘のご子息が只今南極観測隊でご活躍中。
メール頂きました、、、
昨年も頂いたのですが「日光の冬は南極の夏よりも寒い。」
このコメントに腰を抜かした記憶があります。
それでは以下の通信をお読み下さい。
ちなみに南極観測船 しらせ号の最後の航海となる今回の観測隊記念ジッポーをプレゼントして頂いた管理人。
毎日タバコに火をつけるたびに南極の◯◯君の事を考えるのであります。
ご無事で何よりのたよりです。


皆様

昨日(20日)ボツンヌーテンという標高1000mほどの山から昭和
に帰ってきました。
映画の南極物語で出てくる場所なのだけど今までに1次隊と34、47
次隊しか行ったことのない場所で昭和から160キロ離れた場所です。
現地では2泊3日のキャンプだったけど、夜と朝の気温が-16度くら
いで風速が10m近く出ていたのでかなり寒かったです。
テントの中に入れていたポリタンクの水が朝には完全に凍っていたり、
ビールも全部凍っていました。

野外観測中は毎晩8時に昭和と定時交信をするのだけど、ボツンでは短
波無線が昭和にうまく届かず苦労しました。
衛星電話も低温で電源が入らず途方に暮れていたら短波で奇跡的に別働
隊のセールロンダーネ調査隊と交信できたので昭和との交信を中継して
もらい何とかなりました。

野外での食事は結構いいものを食べていますよ。
食材も使い切れないくらい持っていくので、、、(天候が悪いときは迎
えのヘリが飛ばないことがあるので、予備食としてかなりの量を一度の
野外で持っていく)。

22日から30日まではS16という内陸に野外観測に行きます。
ただ、今回は雪上車(SM100という内陸旅行用の大型雪上
車)。車内には二段ベットが二つ装備されているし電気も使えるのでか
なり楽になると思います。

30日から2月8日までは昭和基地にいられると思います。その後、も
う一回野外観測に出て迎えのヘリで直接しらせに戻りしらせはそのまま
昭和を離岸する予定です。

こちらは今午前1時前でかなりもうろうとしてきているので、変な文章
になっていると思いますが、S16の野外観測が終われば昭和で少
し落ち着けると思いますので、そのときにゆっくりメールや写真を送り
ます。

M●Y◯


PS ●◯君は南極暴風圏で熟練隊員でさえ血反吐を吐くような船酔いをする中でもプラモデルを部屋でもくと組み立ててるという凄い男であります。
海釣りでも死にかける管理人なら自分の吐いた汚物の海で溺れ死ぬ事間違い無し!www




スポンサーサイト
未分類トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © J B. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。