--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'02.20.00:31

メモです。

KSD疑獄 
造船疑獄、ロッキード疑獄
撚糸工連汚職
ロッキード事件
リクルート事件
ゼネコ ン汚職
共和汚職
東京佐川急便事件
竹下褒め殺し
指三本
神の国発言
不沈空母

\\\\\\\\\\\\\\

歴代総理

麻生太郎

福田康夫

安倍晋三

小泉純一郎

森喜朗


小渕恵三

橋本龍太郎


村山富一


羽田孜


細川護煕


宮澤喜一


海部俊樹

宇野宗佑

竹下登


中曽根康弘


鈴木善幸

大平正芳


福田赳夫


三木武夫



田中角栄


佐藤栄作


池田勇人

岸信介


石橋湛山


鳩山一郎


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\



戦後の発展は自民党政治の功績ではなく勤勉な日本人の努力の賜物。
他のいかなる党支配下でも同様の発展を実現しただろう。

自民が倒れて仕事が無くなる心配をしている人がいるとすればそれは本質的に間違っている。
本来そんな仕事があることがおかしい。
必要不可欠な公共工事はどの党の支配下でもおこなわれる。
入札制度が正常に機能すれば工事の受注もいかなる政権下でも可能。

ただし、うまい汁がすえないというだけ。
落札率98%などということが間違い。


50年前に計画したダム建設にいまだに固執して美しい山村山河を沈め。
樹木という樹木は杉に置き換えて全国民が春になると喜びを感じる前にマスクに顔を隠す。

国民の税金を一部の人間が自分の田んぼに水を引き込むがごとく私物化。
働く人間は企業の歯車のひとつに成り下がり容赦なく交換廃棄されてしまう。
その歯車にはリサイクルのチャンスさえ与えられていない。

経済発展をとげた日本は角栄の列島改造以来地価の高騰。
なにもかもコンクリで固めて自然を破壊しつくしてしまった。

土地信仰はやがてバブルをひきおこし、バブル崩壊と失われた十年へと続く。
そして米国発の金融危機に巻き込まれてもう十年を失うかもしれない事態。
そのさなかに担当大臣が世界へむけてのブリーフィングで飲酒酩酊という失態。




一部の勝ち組をのぞいて一歩間違えばホームレスとなりうるほどの格差にゆがんだ社会。
子供たちの目からは輝きが失われ。
外で無邪気に遊ぶことも出来ない。
携帯電話を一日もてあそび遊ばれ。

一部の途上国や独裁国家を除いてどの国でも起こる政権の交代がおこなわれない異常な戦後。
たらいまわしで権力の旨い汁を盟友から盟友へとまわす。


日本が政権交代を繰り返していたら、現在のような経済大国になっていないかもしれない。
しかし、生活は貧しくともやはり日本人は一生懸命に働いているだろう。
ひょっとするともう少し幸せだったかもしれない。

子供たちを生むことが難しい国。
今後あふれかえる老人大国で選挙に行くのはその老人たちだけ。
関心は自分の年金だけというありさま。
老人には未来を展望する力はない。
過去の経験からしか道を探す事が出来ないからだ。
変化。
変化。
変化こそ常態。
変わらないことそれはすなわち腐敗。

腐臭が日本を覆いつくしている。
今こそ変革のとき。

そのときなんだ。




メモです、、、続く





スポンサーサイト
未分類トラックバック(0)  コメント(0)
2009'02.09.19:38

政府支援より民間の力

20090209193854
Gooood Memoryトラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
Copyright © J B. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。