--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'11.24.13:14

リンク貸切情報。

今年も多くの大会が細尾リンクでは開催されます。
是非直接リンクに電話してからご来場お願い申し上げます。
スポンサーサイト
未分類トラックバック(0)  コメント(3)
2010'06.09.11:04

高原の輝き

small20100609.jpg

雨を待っている。
アジサイの香りが高原を彩る。
Power Shot G11トラックバック(1)  コメント(1)
2010'02.04.23:36

G11

,,,にした。
Power Shot G11トラックバック(0)  コメント(0)
2009'09.16.23:59

喜びに包まれる。

無血革命のVOL1が本日成し遂げられた。
長く日本を蹂躙してきた自民党が去り、民主党による連立政権が樹立された。
ひとまず祝うために久しぶりにウイスキーを買って一人乾杯した。

日本が三等国でないことも無事に証明された。
戦車が国会を包囲することも小銃を小脇に抱えた軍隊が町中に繰り出すこともなかった、、、www

選挙によって自ら進むべき方向に日本人自らが舵を切った瞬間。
長く続いたずぶずぶの利権政治を断ち切って自らの国の方向性を変ることが出きた。

いまだに世界では独裁君主を排除することもできず。
改革の中心人物を無実の罪で長きに渡って自宅軟禁するような国で満ちている。
まともに政権交代できる国がごく少数だとも言えるだろう。

日本も今までは、昨日までは利権というしがらみにまみれた一部の人々によってコントロールされていた二流の国家だった。
だれでも長く生きてゆくと<小さな利権>にまみれてゆく。
仕事や人間関係においてである。(本人は利権まみれとは実感してない場合も多いのだが、、)


それが日本をだめにしている根源だと理解して、自分の不利益を省みることなくきっぱり切り捨てるのは誰にとっても非常にむずかしい。
誰でも自分の収入や生活にかかわる不利益になることを選択するのはむずかしい。

しかし、今回の政権交代はそうした長い長い利権体質を乗り越えて投票行動を起こした人が多く存在することを証明している。


小選挙区ではまだまだ馬鹿な有権者がいくつかの選挙区で利権を守ろうと必死の投票に出た。
道路族のドンで絶対に落選させなくてはならなかった人間が当選したり。
改革だ民営化だときれいごとを並べながら息子に全ての地盤看板を譲って政治一家の血統を守った元総理大臣とその息子の当選だとか、、、etc

このあたりを考えると頭から脳みそがはみ出すほどの怒りを覚えるがまあ今夜は許そう。

さて表題のVOL1だがこの次は本物の革命VOL2。

今回政権交代を実現したのだが邪魔な連立相手があり本物の政権交代にはなっていない。
最悪なのは社会党だろう。
つい先日まで北朝鮮による拉致など存在しないと自らのホームページで拉致被害者が帰国した後までどうどうと明記していた党の代表の入閣だ。
そのひとつの誤りにおいても社会党は解党すべきで許される事ではない。

「恥を知れ!!」

無血革命のVOL2は来年の夏の参議院選挙で民主党が過半数を確保して連立を解消することで完成する。

私も微力ながら努力するつもりだ。


何度も言っているが民主党議員の一部もやがて<利権>にまみれるだろう。
それは絶対に止められない。
人間は誰も非常に弱い存在である。
そうなれば選挙でやぶれるだけである。


川の流れはよどみで腐る。
やっと交代する形が出きた今夜は何も考えずに酔いたい。www

PS 少ない小遣いを工面して原口さんに献金したい、、、

PS2 酔ってきたので一言。
    官僚の皆様、、、
    飼い主は国民であり、飼い主が選択した意思に歯向かうことなかれ。
    そうした場合は合法的に<薬殺>という以外にはありません。

    あなたの生活は国民の意思によってのみ成り立っている事を忘れずに、、、














未分類トラックバック(0)  コメント(0)
2009'07.02.19:54

皇室の喉に刺さる小骨の除去。

水俣病救済が急展開。

雅子様の痛みも少しは改善するかな、、、



ーーーーー 邪魔なCM ↓ーーーーーーーーー
未分類トラックバック(0)  コメント(0)
2009'06.26.23:18

MJ

やっと静かにやすらかにねむれるね、、、
ほんとうにお疲れ様、、、
ありがとう。

未分類トラックバック(0)  コメント(0)
2009'06.14.00:24

天才。。。

ひとつ欲しい

盲目のピアニストもそうだがこの人もそうだな、、、



ーーーーーーーー↓うざい CM www -----------
未分類トラックバック(0)  コメント(0)
2009'06.07.00:13

師匠の死

久しぶりに以前お世話になった男の名前を検索してみた。
出てきたブログ記事によると昨年亡くなったようだ、、、

ご冥福を祈ります。
未分類トラックバック(0)  コメント(0)
2009'04.01.22:13

手鏡に映るもの、、、

、、、それは真実か?ここ
未分類トラックバック(0)  コメント(0)
2009'03.28.19:40

ダブルサタンダード

北の将軍がまたまたおもちゃを使ってダダをこねている。
日米は万が一の時には迎撃するという態勢らしい、、、

しかし、ちょっと話の状況を変えてみて考えてみましょう。

ミサイルを撃つのが北の将軍ではなくてキューバーだったらどうでしょう??

ミサイルの一段目がフロリダあたりに落下して二段目が東海岸の沖合いって感じ。
この場合アメリカはどうするでしょう??

もちろん迎撃ではなくてオバマさんでも間違いなく先制攻撃ですね。
今回は日本の上空を通過するから米国はまあいいかって感じですがこれは首尾一貫していないですね。
同盟国の主権があやういのですからやはり先制攻撃でしょ普通。

ちょっと前のB大統領が悪の枢軸国と名指した国ですよ北は、、、

北の将軍は大病をしたようです。
自らの力を国内外に示したいというのは判りますがこれは危険です。
彼の思考が正常であるという保障がないからです。
健康状態が悪化してからほとんど外の人間と接していないので将軍が正常であるという保障が無い。
こういう場合は正常ではない場合を想定しなくては危険。

たとえば、今回の照準が東海村に設定されていたらどうでしょう??
迎撃に失敗したらこれもどうでしょう??
照準が皇居に設定されていたらどうでしょう??

発射されてから考えるというのは遅すぎです。

唯一ちょっと気が休まるのは今のところ狙ったところに正確に命中させられないミサイルだということぐらいです。

東海村を狙ったんだけど国会議事堂に命中ならまあ個人的には許すけど、、、汗

頭のねじがちょっと緩んだ人に刃物を持たせてやりたい放題は危険な火遊び。
早めに消化するに限ります。
ステルス爆撃機でピンポイント爆撃をお願いします。

オバマ将軍様
未分類トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOPBack
Copyright © J B. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。